>

所有している土地を無駄にしない

具体的な活用例とは

不動産サポートの土地活用の専門家に相談した場合、まずは土地の立地条件について考えてみることになると思います。
そして、その地域の人の流れなどの情報を加味した上で、どのように活用していくことが望ましいのかを提案してくれることでしょう。

ありがちな例ですが、都市部ならマンションを建てて家賃収入が入ってくるようにするとか、郊外なら駐車場を要するショッピングセンターを作ってテナント料が入ってくるようにするということが考えられると思います。
また商業施設では営業が成り立たないと判断されるような場合は、日の当たり具合によってソーラーパネルを設置したり、トランクルームなどに利用するという選択肢もあるようです。

このような幅広い提案も、多くの経験を積んできた不動産サポートだからできることで、どのような選択をすることになっても最善のアドバイスをしてくれるというのが企業向け不動産サポートのサービスなのです。

土地を放置しておくとどうなるか?

利用していないままで土地を放置していると様々な不都合が生じてきます。
まずは保有している土地にかかってくる税金の問題です。
放置しているのですから新たにお金が生まれることは決してないのですが、必ず固定資産税を支払う義務だけは生じてきます。

さらに空き地のまま放っておくと雑草が生い茂り、蚊などの虫が大量に発生してしまうことも考えられます。
そのように手つかずになった土地にはゴミが不法投棄されてしまうこともあるといいます。
もしも近隣の住民から苦情が出てしまったら、役所は動き出すしかないので行政の指導を受けてしまうかもしれません。
そうなった場合は、お金を払って専門の業者などに草を刈り取ってもらったり投棄されたゴミを処分してもらうことになるでしょう。

そうなると利益を得るどころか無駄な出費ばかりがかさんでしまい、いいことはないのです。


この記事をシェアする